お金の使い道を考える

お金を借りるときにはキチンとした理由があると思います。

 

その理由以外のことに対して借りたお金を使ってはいけないのです。なぜなら、余計なお金を借りて使うことになり、それが返済できなくなって、別のところにお金を借りなければならない、いわゆる多重債務といったように悪い方向へ進んでしまいます。

 

そうならないようにするためにヤミ金に手を出してしまったら、悪い方向から軌道修正することはできなくなることはこれまでに述べたとおりです。

 

また、お金を借りる以上は必要なものにお金を使い、返済は自身の収入の中から返済することが必要ですから、生活水準を大きく下げなければなりませんが、それも許してもらえないのがヤミ金であると考えても過言ではありません。

 

お金を借りるのであれば、本当に困った時に1回借りて、完済するまでは我慢をしていくことが重要です。我慢ができなくなってしまえば、そこで人生が狂ってしまいます。

 

そして、借金の使い道を考えなければならないというのは、申し込み時に理由を書かなければならないというのもありますが、実際にお金を借りた時にその通りに使って、返済をしていれば問題ないわけですが、融資限度額まで借りてしまいますと、使い道を考えないで使っていることになりますから、そういった無意味なことをしたうえにヤミ金ということではいけないわけで、しっかりと考えてお金を借りなければならないのです。