返済計画と生活の計画

余裕を持った借金計画を

 

お金を借りることについては返済ができてはじめて信頼が得られるわけですが、それを実行するためには返済計画を考えなければなりませんし、生活の見直しをしていかなければなりません。

 

これはヤミ金を利用しなくても必要なことであり、ヤミ金を利用しないようにするという予防のためでもあります。

 

そこで計画通りにお金を返せないとなってしまいますと、さらに窮地に追い込まれてしまいます。ただ、そういう風にしてしまったのは、借りた本人に責任があります。

 

また、生活の見直しということを考えますと、まずは消費者金融や銀行で借りたお金を返すということを優先しなければなりませんので、必然的に質素な生活になってしまうことは言うまでもありません。

 

それができなければ、ヤミ金を使用することになるでしょうし、返済どころではなくなってしまいます。

 

皆さんにはそうした経験をしなくてもいいわけですから、ヤミ金を使ってしまってもどうにかなるという甘い考えがあってはならないのです。

 

そして、返済計画と生活の計画というのは1つのセットとして考える必要があり、その中でいかに無駄を省いて生活をしていけるかを試されていると思えば、苦しい思いもしませんし、何よりもヤミ金を利用することなど考えなくてもいいはずです。

 

それができるかどうかは自身の問題であり、お金を借りることに依存しない生活を考えていただきたいものです。そうしなければ、苦しい生活をつづけることになってしまいます。