ヤミ金からの会社や自宅に電話や取り立てを未然に防ぐ

ヤミ金トラブルを未然に防ぐ

 

出来れば関わりたくないヤミ金業者。知らずに関わってしまう事もあるのです。ヤミ金業者とのトラブルを未然に防ぐ方法をご紹介致します。

 

 

ヤミ金の電話や取り立てを未然に防ぐ策記事一覧

ヤミ金融業者は、様々な方法で勧誘してきます。企業の名前を見ただけでは、この業者がヤミ金融業者かどうかはわかりません。金融業を営むには、国もしくは都道府県の登録をしなければなりませんが、ヤミ金融業者は登録をせずに違法な営業をしています。新聞広告やホームページに、登録番号が書かれていたとしても、架空の番号であることもありますので注意が必要です。金融庁のホームページには、今まで確認ができた違法な営業をし...

貸金業を営む業者は、必ず名前と国または都道府県の登録番号を表示しなければなりません。ヤミ金融業者は登録をせずに営業する所がほとんどで、広告に登録番号を書かなかったり、書いたとしても嘘の番号を使っていることがあります。まずは登録番号が表示されているかどうかを確認しましょう。もし番号が無ければ、その業者はヤミ金融業者の可能性が非常に高いということになります。登録番号が書かれている場合も安心してはいけま...

ヤミ金融業者は、様々な媒体を用いて広告を出し、勧誘してきます。新聞や雑誌の広告だけではなく、郵便受けに直接投函されるチラシや、電話ボックスに貼ってあるチラシなどを一度は見たことがある人は多いでしょう。それらの広告に書かれている文面を見ると、非常に低金利で借りやすく、安心感があるように思えてしまいます。しかし、実際は広告に書いてある文面通りではありません。本当の事を書いたら誰も利用を申し込む人はいな...

どこで借りるか決める時、まずは金融機関が提示している金利をチェックします。借りたお金とは別に金融機関に利息を支払わなければなりません。金利とは、その利息を決める割合のことです。通常は一年間あたりに発生する利息の割合を示します。出資法により、貸金業者の利息の上限は法律で決められており、年間29.2%を超える金利による貸し付けは違法となります。これを守らない業者は罰則の対象になります。ヤミ金融業者が提...

貸金業者の広告を見たら、電話番号と住所(所在地)を必ずチェックしましょう。書いてある電話番号が携帯電話のみの場合、違法な営業をしているヤミ金融業者の可能性が高いです。摘発から逃れるために固定番号を持たず、携帯電話番号だけの業者がいるのです。ヤミ金融業者が使用している携帯電話は、盗品などの持ち主が特定しにくい端末であり、摘発するのが非常に困難なのです。貸金業を営む場合は必ず、固定電話番号で登録しなけ...

ヤミ金融業者の被害に遭わない為には、自分の個人情報をしっかり管理することも大事です。安易な気持ちで貸金業者に自分の名前や住所、電話番号を教えたりしてはいけません。ヤミ金融業者に伝えた情報は、あっという間に同業者間に伝わります。一度広まった個人情報は回収することは出来ません。ヤミ金融業者は、利用しそうだと思う人に勧誘をしてきます。勧誘を断っても、その後しつこく電話をかけてきたり、何か嫌がらせをされる...