広告や誘い文句にも注意する

 

ヤミ金の誘い文句や広告に注意!

 

闇金の広告や誘い文句に注意するようにしましょう。ヤミ金融業者は、様々な媒体を用いて広告を出し、勧誘してきます。

 

新聞や雑誌の広告だけではなく、郵便受けに直接投函されるチラシや、電話ボックスに貼ってあるチラシなどを一度は見たことがある人は多いでしょう。

 

それらの広告に書かれている文面を見ると、非常に低金利で借りやすく、安心感があるように思えてしまいます。

 

しかし、実際は広告に書いてある文面通りではありません。

 

本当の事を書いたら誰も利用を申し込む人はいないからです。

 

ヤミ金融業者の誘い文句は正しくない、という事を理解しておく必要があります。

 

ヤミ金融業者の良く使われる誘い文句というものはある程度決められており、どのような文面に注意すれば良いのか理解しておくと、利用する前に「この業者は信頼できるだろうか」、「ヤミ金融業者の可能性はあるだろうか」といった判断がしやすくなります。

 

「絶対に断りません」、「ブラックリストに載っている人、自己破産者でも大丈夫」のように、どんな人でも融資を受けられるという文章を書いてある業者は、ヤミ金融業者の可能性があります。

 

また、「審査なし」という文章にも騙されないようにしましょう。

 

他の金融機関の審査に通らず、融資を受けられない人にとっては、何としても借りたいという心理が働いてしまいます。

 

結果、ヤミ金融業者の誘い文句に騙されやすくなりますので、特に注意しなければなりません。

 

焦っている時の判断能力というのは落ちやすいものです。利用するかどうかは、冷静によく考えてから判断するようにしましょう。