登録貸金業者情報検索でチェックする

 

貸金業を営む業者は、必ず名前と国または都道府県の登録番号を表示しなければなりません。その登録貸金業者情報を金融庁のホームページでチェックする事が出来ます。

 

ヤミ金融業者は登録をせずに営業する所がほとんどで、広告に登録番号を書かなかったり、書いたとしても嘘の番号を使っていることがあります。

 

まずは登録番号が表示されているかどうかを確認しましょう。

 

もし番号が無ければ、その業者はヤミ金融業者の可能性が非常に高いということになります。

 

登録番号が書かれている場合も安心してはいけません。

 

その番号が正しいかどうかを確認が必要です。

 

 

金融庁のホームページにて、登録貸金業者情報検索ページで登録番号の情報を簡単に調べることができます。
⇒登録貸金業者情報検索(金融庁ホームページより)

 

貸金業協会のホームページでも調べることが出来ますので、必ずチェックしましょう。

 

登録番号は3年ごとの更新が必要となります。

 

また、番号横のカッコ内の数字は登録の回数を示しています。

 

例えば、カッコ内の数字が1であれば、登録してから3年未満であることが分かります。

 

同じ番号が他の業者で使われることは無く、一度使われた番号は業者の登録が取り消しになって使わなくなった場合は永久欠番となります。

 

登録番号だけではなく、金融業者の名前にも気を付けましょう。

 

良く見られるのが、大手金融業者と似た名前にすることで、何か繋がりがあると思わせ安心させる手口です。

 

実際には何の関係もありませんが、名前だけ見て、大手会社に関係していると勘違いしてしまう人もいます。

 

名前が似ているなと感じたら、大手金融業者に連絡し、何か関係があるのかどうか確認すると良いでしょう。