金利をチェックする

どこで借りるか決める時、まずは金融機関が提示している金利をチェックします。

 

借りたお金とは別に金融機関に利息を支払わなければなりません。

 

金利とは、その利息を決める割合のことです。通常は一年間あたりに発生する利息の割合を示します。

 

出資法により、貸金業者の利息の上限は法律で決められており、年間29.2%を超える金利による貸し付けは違法となります。

 

これを守らない業者は罰則の対象になります。

 

ヤミ金融業者が提示する金利は、この法律で定められている金利を遥かに上回る数値です。

 

年間数百〜数千といった金利で貸し付けを行っている業者もあります。

 

これではいくら返済してもいつまでも完済することは出来ません。

 

返済できずにいると、ヤミ金融業者から強引な取り立てがあったりして、精神的にも辛い状態に追い込まれてしまいます。

 

通常の大手金融機関が提示する金利は約18%ですので、比べてみるとヤミ金融業者の金利の異常さが良く分かります。

 

通常は1年単位の金利を月単位にしている所もありますので、表示には充分注意してください。

 

また、広告には低金利を書いておきながら、実際には色々と理由を付けられて高金利になることもあります。

 

大手ではない金融業者が低金利を宣伝している時は、ヤミ金融業者である可能性がありますので注意しましょう。

 

もしも利用した後で違法な金利に気付いた場合は、すぐに弁護士や警察などの専門機関に相談し、適切な対応を取ってもらいましょう。