電話番号と住所(所在地)をチェックしましょう

貸金業者の広告を見たら、電話番号と住所(所在地)を必ずチェックしましょう。

 

書いてある電話番号が携帯電話のみの場合、違法な営業をしているヤミ金融業者の可能性が高いです。

 

摘発から逃れるために固定番号を持たず、携帯電話番号だけの業者がいるのです。

 

ヤミ金融業者が使用している携帯電話は、盗品などの持ち主が特定しにくい端末であり、摘発するのが非常に困難なのです。

 

貸金業を営む場合は必ず、固定電話番号で登録しなければなりません。

 

これは法律で義務付けられている事です。ですので、携帯電話番号だけが記載してある所は、登録をせずに違法な営業をしている業者なのです。

 

携帯電話だけを記載している業者は利用してはいけません。

 

ただし、携帯電話の表記が無く、固定電話が書かれていたとしても、必ずしも安心できるわけではありません。

 

固定電話にかけると、代行業者による電話転送で、携帯電話に繋がることもあります。

 

フリーダイヤルが記載されている事も多いですが、実際はその業者用のフリーダイヤルではなく、ただ他の業者に委託して電話を受け付けているだけのことがあります。

 

一般的に、フリーダイヤルがあると会社の規模が大きく感じたり、信頼性があると思いがちです。

 

ヤミ金融業者はその心理を上手く利用しているのです。

 

電話だけではなく、住所(所在地)も必ずチェックしましょう。

 

違法な営業をしている業者は、住所(所在地)を知られないように、架空の住所(所在地)を記載することがあります。

 

住所(所在地)の記載が曖昧だったり、正しくない場合はヤミ金融業者であると判断しましょう。