ホームページによる勧誘

どんな金融業者を利用した良いか調べる時、インターネットから情報を得る人は多いと思います。

 

金融業者のホームページを見て、金利などをチェックする時に、この業者はヤミ金融業者ではないかと疑ったことはありませんか?ホームページがあるからといっても、通常の金融業者とは限らないのです。

 

どんなに綺麗で良く出来ているホームページでも、すぐに安心せず、利用する前にヤミ金融業者ではないかどうか確認することが大事です。

 

 

異様に低い金利だったり、断ることはありませんと書いてあったり、ブラックリストに載っている人でも大丈夫といった勧誘表現がある場合はヤミ金融業者である可能性が高いと考えて良いでしょう。

 

実際に借りる時になると、広告とは違う金利を言われることがあります。

 

また、ホームページに記載されている業者の名前が大手金融業者の名前に良く似ている場合も、ヤミ金融業者の可能性があります。

 

一見すると信頼性の高い業者のように見えても、実はヤミ金融業者であることもあるのです。

 

 

名前は特に、信頼性のある大手金融機関と似せることで、安心感を与える効果があります。

 

電話などの直接的な勧誘とは異なり、ホームページを見ている時は焦らず自分のペースで調べることが出来ます。

 

慌てて申し込むことはせず、必ずインターネットなどで、この業者がヤミ金融業者ではないかどうか調べるようにしましょう。

 

気軽にホームページに個人情報を書き込むと、勧誘電話がかかってきたりして大変です。

 

 

信頼性のある金融業者以外に、自分の情報を渡さないようにしましょう。