電話やダイレクトメールによるヤミ金の勧誘

電話での勧誘

 

ヤミ金融業者による勧誘は、新聞やチラシだけではありません。直接電話をしてきたり、メールを送って勧誘してきたりすることもあるのです。

 

お金が必要だけれども、融資を受けられない。すぐにお金が必要、と不安や焦りを感じている人は、他の人よりもヤミ金融業者を利用する可能性が高いです。

 

より効率よく勧誘出来るよう、ヤミ金融業者は、利用しそうな人に的を絞って連絡してきます。

 

以前ヤミ金融業者を利用したことがある人、自己破産をしたことがある人、複数の金融業者から融資を受けている人は特に狙われやすいので注意してください。

 

 

ヤミ金融業者を利用したことがある人は、以前利用した時の情報が、他のヤミ金融業者間で情報共有されていることが多く、別のヤミ金融業者からも勧誘されることがあります。

 

自己破産をした人は、名前や住所が官報という国の情報誌に載ります。これをヤミ金融業者が調べ、直接連絡してくるのです。

 

 

自己破産したことがある人、複数の金融業者から借りている人は、「返済能力が低い」と判断され、お金に困ってもなかなか貸してくれる所がありません。

 

このような時、ヤミ金からの勧誘を受けると、お金欲しさについ利用してしまうことが多いのです。

 

以前ヤミ金融業者を利用したことがある人も同様に、以前と生活の変化が無ければ、またお金が必要になってヤミ金融業者を利用する可能性があります。

 

今までヤミ金融業者を利用したことが無い人にも、勧誘電話やメールが来ることもあります。

 

 

毅然とした態度で、きっぱり断りましょう。