その他こんなヤミ金も

ヤミ金融業者の手口は様々な種類があります。

 

ヤミ金融業者の主な手口として知られているものは、トイチ型、紹介屋、押し貸しといった手口ですが、現在では次々と新しい手法による手口も発覚しており、騙される人が跡を絶ちません。

 

今までにあまり例が無い、新しい手法の場合は特に注意が必要です。

 

通常、貸金業規制法では、暴力団が貸金業の業務に関わらないように規制していますが、違法な営業をしているヤミ金融業者の場合は、暴力団がヤミ金融業を経営していることが多くあります。

 

携帯電話のみを連絡手段として用いる、090金融と呼ばれる手口は、営業所が無く、他人名義の携帯電話を利用して営業をしている為、違法行為が発覚後に摘発しようとしてもなかなか捕まえることが出来ません。

 

クレジットカードの買い物枠を利用する手口もあります。

 

相手に高額で商品を買わせて換金させ、高い手数料を騙し取るという方法です。

 

被害者にはヤミ金融業者から渡された少額の現金と、クレジットカードのローンが残り、返済に追われます。

 

質屋を装って、高金利で貸し付けを行う業者もいますし、家具や車をリース契約させ、法外な利息を騙し取る業者もいます。

 

 

どの手口にせよ、ヤミ金融業者の営業は違法です。

 

どうしてもお金が必要ですぐに借りたい、といった人の心理を付いて、ヤミ金融業者は巧みに勧誘してきます。

 

どんなに甘い言葉であっても、絶対に勧誘に乗っては行けません。

 

異常な高金利で、あっという間に借金が膨れ上がります。