『押し貸し』、『カラ貸し』について

頼んでもいないのに、ヤミ金融業者が一方的に貸し付けを行い、高金利での返済を強要するのが「押し貸し」です。

 

一方、「カラ貸し」は、その金融機関からお金を借りていないのにもかかわらず、ヤミ金融業者から取り立ての被害に遭うことを言います。

 

押し貸しは、ある日突然自分の口座にお金が振り込まれます。振り込まれた分だけ返済しても、かなりしつこく利息の支払いを請求されてしまいます。

 

ヤミ金融業者は、様々な所から情報を手に入れますが、その中に口座番号の情報が入っていると押し貸しの被害に遭いやすくなります。

 

申込時に自分で口座番号を教えてしまうこともありますが、多くはヤミ金融業者を今まで利用したことがある人の情報を同業者間で共有し、それを元に押し貸しをすることがあります。

 

しつこい取り立てに根負けして、利息を支払う為にまた別のヤミ金融業者を利用したり、借金がどんどん膨れ上がる原因になります。

 

カラ貸しは、今まできちんと返済し、金融のトラブルが無い人もターゲットになります。

 

支払いが滞っているというヤミ金融業者からの嘘の警告文に心配になり、騙されてしまう人が多くいるのです。

 

色々な所からお金を借りている人も、自分がどこからいくら借りたか把握出来ていない場合があり、その人も簡単に騙されてしまいます。

 

電話による支払い要求だけではなく、郵便で嘘の通知が届く事があります。

 

嘘の通知が届いても、無視していれば問題ありません。

 

相手の言っている事が曖昧だったり、通知に携帯電話しか書いていない場合はヤミ金融業者による手口ですので、騙されてはいけません。