ヤミ金手口:紹介屋

ヤミ金融業者の手口の1つに、「紹介屋」というものがあります。

 

これは、他のヤミ金融業者を紹介し、その紹介料を騙し取る手口です。

 

最初は「誰でも借りられる」「他の金融機関で断られた人はお気軽にご相談ください」といった言葉で勧誘し、相談してきた人に対して「こちらでは融資出来ないので、他の良い所を紹介します」と話すのです。

 

何としてもお金を借りたい人にとって、「融資出来ない」という言葉は非常にショックです。

 

絶望感に打ちひしがれている所に、「ここなら大丈夫」と他の店を紹介すると、相談してきた人は感謝してその紹介先の金融業者へと向かいます。

 

ですが、紹介した業者もヤミ金融業者なのです。

 

紹介先のヤミ金融業者と紹介者のヤミ金業者との繋がりはありません。

 

ただ、予め調べておいたヤミ金融業者を教えるだけです。

 

 

また、請求される紹介料は非常に高く、借りた金額の2〜4割もの料金の支払いを強要されます。

 

法律では、手数料の上限が決められていますが、ヤミ金の紹介屋は法律を無視して多額の紹介料の支払いを迫ってきます。

 

手数料の支払いを断っても、所詮闇金業者ですから、会社に電話をかけて来たり自宅まで押しかけられたりすることもあり、非常に悪質です。

 

相談時に自分の名前や住所を業者に教えているので、しつこく取り立てを受けることもあります。

 

結局は違法な営業による高金利に苦しむ事になりますし、ヤミ金の紹介屋の手数料と、ヤミ金融業者からの高金利の二箇所へ返済しなければなりません。

 

紹介屋のせいで、余計に借金が増えてしまい、ますます苦しくなってしまいます。