警察に相談して対応してもうらう

ヤミ金融業者を利用した為に高金利で借金が膨れ上がってしまった、取り立てで困っているといった場合は、警察署に行って相談しましょう。

 

各地の警察署では、ヤミ金融業者の取り締まりを強化しており、電話や窓口で24時間対応してくれます。

 

ヤミ金融業者に対する取締推進本部を設置している警察署もありますので、なるべく早く相談しに行きましょう。

 

その際、ヤミ金融業者の名前、連絡先や、いくら借りたのかなどの情報が必要になります。

 

出来るだけ詳しく、自分が分かる情報は全て警察に伝えましょう。情報が多ければ多いほど、ヤミ金融業者の摘発に繋がります。

 

メールや電話の着信履歴も重要な資料になりますし、ヤミ金融業者の広告、勧誘のFAXも警察に提出してください。

 

電話での会話を録音しておくのも良いでしょう。複数の業者から借りている場合は、それぞれの業者について時系列ごとに細かく書き出しておくと有益な証拠になります。

 

どのような取り立てを受けているのかも警察署の相談員に伝えるようにしてください。

 

必要に応じて、被害届を提出します。ヤミ金融業者の取り立ては非常に悪質です。早朝や夜間に脅迫めいた取り立てをしたり、家族や親戚に嫌がらせをすることもあります。

 

暴力を振るってくる事もあります。もしも今ヤミ金融業者から悪質な取り立てを受けているなど、緊急時には、すぐに110番通報してください。

 

ヤミ金融業者にとって、警察は怖い存在です。警察からヤミ金融業者に警告をしてもらうことで、解決することもあります。