ブラックリストの人は注意が必要

 

ブラックリストの人は注意して下さい!

 

ブラックリストの人は、ヤミ金業者に注意が必要です。金融機関でのやり取りは、信用が無ければ成り立ちません。貸したお金をきちんと返済できる人としか相手をしないのは、金融機関を守る為でもあります。

 

お金を借りる時、必ず金融機関の審査を通る必要があります。
その時に、お金を借りたい人が本当に返済能力があるのかどうかを調べるのです。

 

審査に合格し、返済能力があってきちんと期日までに貸したお金を返すことが出来る、と判断された人だけが、金融機関からの融資を受けられるのです。

 

審査の時に、金融機関が参考にするのは信用情報です。

 

ここには、名前や住所だけでなく、どこからお金を借りたことがあるのか、きちんと返済出来ているのかなどが記録されています。

 

今までお金を借りたことがあっても、きちんと返済できているのであれば問題ありませんが、期日までに返済できなかったり、自己破産や民事再生などの債務処理をした場合は、ブラックリストとしてそれらの情報が記録されています。

 

金融機関からお金を借りていなくても、携帯電話の料金の支払いが滞っている事も、信用の事故情報として記録されてしまいます。

 

金融機関はこれらの情報を元に審査をするので、事故情報があると審査には不利になります。

 

記録された情報は一生残るものではありませんが、一度事故として情報が記録されると、長くて10年は記録が残り続けると言われています。

 

記録が残っている間に金融機関からお金を借りるのは非常に難しくなります。

 

このように他の金融機関からの融資が受けられない場合は特に、ヤミ金を利用しやすくなりますので注意しましょう。