手を出したら最後

先ほども触れましたが、事情があったにしても、例外的に消費者金融で借りることができるにもかかわらず、ヤミ金でなければ貸してもらえないということを考えてしまっていてはいけません。それに手を出してしまったら、生活が正常化することもなく、人生としても最後になってしまいます。皆さんにはそのようなつらい生活をしていただきたくはありませんし、お金の使い方について、よく考えてもらいたいのです。

 

 

お金を借りなければならない状況というのがないことはないわけですが、借りるにしても計画を立てて、生活への影響を抑えていかなければなりません。
また、生活への影響を抑えると述べましたが、それが何を意味しているかといいますと、信頼はお金を借りられたからではありません。お金を借りてちゃんと返済できて作られるものであり、それができなければ、消費者金融や銀行で借りることができませんから、結局ヤミ金でもお金を借りなければならないということになってしまいます。

 

 

 

そして、ヤミ金に手を出したら最後ということについての詳細は後述いたしますが、いずれにしましてもこれまでのお金の使い方に問題があったとしか言いようがないような状況であることは周りから見ても自身で振り返ってみても取消ができない事実だということです。それをどのように解決するかということは弁護士に入ってもらって、対応をするしかない部分ですので、内容によっては刑事告訴でもいいわけですが、そうしたことにならないことが望ましいのです。