ヤミ金融業者の中身について

ヤミ金という言葉を一度は聞いたことがある人は多いでしょう。人にお金を貸す業者の事を貸金業と言います。

 

貸金業を営む為には、国又は都道府県に登録をしなければなりません。

 

ですが、ヤミ金のほとんどは登録をせず、無許可で貸金業をしている所がほとんどです。
中には、登録をしている業者であっても、法律で禁じられている高金利で貸し付けをする業者もいます。

 

これらの貸金業の法律に違反して営業する業者を、ヤミ金融業者と呼びます。

 

ヤミ金融業者の特徴は、非常に高い金利と、脅しに近い取り立てを行うことです。

 

 

ヤミ金による被害は非常に多く、問題視されています。
国による法律での規制により、ヤミ金に対する罰則が大幅に引き上げられ、貸金業の登録の監視も強化されました。

 

それにも関わらず、ヤミ金被害は後を絶ちません。

 

 

ヤミ金による広告やうまい言葉を使った文句が、どうしてもお金を借りたい人を勧誘します。
広告には低い金利が書いてあったのに、利用を始めると金利が上がったという報告もあります。一度利用すると、なかなか返済ができず借金まみれになることもあります。

 

そしてヤミ金による悪質な取り立てにより、心身ともに疲れ果ててしまうのです。

 

ヤミ金の手口は1つではありません。様々な方法を用いて、巧みに利用者を増やしています。

 

大手有名会社と似た名前にしたり、他の業者を紹介することで紹介料金を騙し取る業者もいます。

 

ヤミ金についての知識を付け、ヤミ金を利用しないようにすることが大切です。少しでも怪しいと思ったらその業者は利用してはいけません。