闇金の執拗な取立て

 

ヤミ金業者から会社にまで電話がかかってくる・・・、ヤミ金の取り立ては、ほとんどが電話による催促です。

 

本人が電話に出ない場合、家族や親戚、会社に電話をしてくることもあります。場合によっては、家まで押しかけて大声で返済の催促をすることもあります。

 

特に、ヤミ金融業者を怒らせたり、事務所との距離が近い場合は、かなりしつこく取り立てられる事がありますので注意してください。

 

日中ではなく、早朝や夜遅くに押しかけてくることもあり、本人や家族にとっても非常にストレスになります。

 

 

ヤミ金融業者による執拗な取り立てが原因で夜眠れなかったり、精神的に追いつめられてしまう人もいます。
中には自殺してしまう人もおり、社会的な問題にもなっています。

 

ですが、ヤミ金による執拗な取り立ては違法なのです。

 

貸金業規制法では、取り立てについても厳しく規制しています。

 

脅迫のような取り立てや、21時から朝8時までの時間帯に電話による催促、家に押しかけて取り立てることは正当な理由が無い限り禁止されています。

 

また、借りた本人や保証人以外に対して、みだりに取り立ての催促をすることについても規制しています。

 

これらの規制法を守らない場合は罰則の対象となります。

 

 

貸金業規制法に違反すると、重い罰則が待っています。

 

弁護士などの法律の専門家に相談することで、ヤミ金からの取り立てを止めさせる事ができます。

 

すぐに専門家に相談し、対応してもらいましょう。もしも、ヤミ金融業者から暴力を振るわれたり、恐喝を受けた場合はすぐに110番通報をしてください。

 

 

⇒ヤミ金問題解決に強い専門家はこちら!