金利がコワイ・・・ヤミ金の高金利の実態

 

ヤミ金融業者の問題点の1つに、異常に高い金利が挙げられます。

 

ヤミ金融対策法にて、年109.5%を超える高金利での貸し付けをした場合、この契約は無効とされることが定められています。

 

契約が無効になるということは、利息も支払う必要が無くなります。これは無登録業者はもちろんのこと、登録業者にも当てはまります。
定められた金利を守らなかった場合、「高金利違反」で5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金となります。

 

ヤミ金は、年数百%〜数千%もの高い金利で貸し付けを行う事が多く、数字を見ただけでヤミ金の異常な高金利がお分かり頂けるでしょう。

 

ヤミ金をすると、ヤミ金から借りたお金の何倍もの金額を相手に支払うことになってしまいます。

 

元金は、原則として契約が無効になれば、相手に返す必要があります。

 

しかし、相手がヤミ金である場合は元金も返す必要が無い場合もあります。裁判所の判断に従いましょう。

 

ヤミ金かどうか判断するために、借りる前に何%の金利なのかをきちんと確認することが大事です。

 

金利は簡単に計算できます。借りた金額と利息の発生する日数、利息として請求されている金額があれば、計算式に従ってすぐに金利を出す事ができます。

 

借りる前にヤミ金かどうか判断する為には、金利は重要な判断材料となるのです。

 

既にお金を借りている場合も、実際に金利を計算してみましょう。

 

計算の結果、もしも自分が借りている金額の金利が年間109.5%を超えていたら、すぐに警察、又は消費者相談センター等に相談してください。

 

 

基本的に完済は不可能です。

どうすればヤミ金完済できるの?

 

ヤミ金からお金を借りてしまった場合、いくら少額でも基本的に個人では完済不可能と言えます。ヤミ金からではなく、消費者金融や銀行でお金を借りた場合、元本と利息を返すわけですが、ヤミ金では利息がどんどん膨れ上がってしまうということで考えますと、ヤミ金からの借金はいつになっても完済することは困難であるといわれております。

 

ヤミ金からの借金は基本的に返済は『利息分のみ』なので、なかなか元本返済までたどり着くことはない訳であることはこれまでも何度かお伝えしてきている事なのですが、とても重要だから何度も述べているわけで、であっても様々な事情で、ヤミ金からお金を借りてしまい、ヤミ金から嫌がらせを受け、いわゆる闇金ウシジマくんのようにヤミ金地獄にハマってしまう方が後を絶たないのが現状のようです。

 

 

ヤミ金からの借金は例えると、普通に借りても借りすぎると返済ができなくなるのと変わらないと思います。

 

また、いつかは返済できるという気軽な気持ちでヤミ金を利用してはいけないということはわかってもらいたいと思います。

 

それだけは自己破産をしても督促が来ますし、会社にだって嫌がらせの電話が来たりすることも多いそうです。それで解決できなくて、本当に弁護士が介入したとしても大変なことになり、警察に通報することでしか解決できないような状況になってしまいます。

 

それくらいヤミ金というのは恐ろしい闇業者なのです。闇金ウシジマくんの映画を観てもわかると思います。

 

警察が出るというのはよほどのことだということです。そうならないようにするための答えはわかってもらえるはずです。
そして、ヤミ金に手を出したことによって、法律で決められた以上に利息を支払っているわけですが、それを自分で解決、つまり自分で元本までを返済して完済することはできないということです。

 

そうしたことができているかどうかが生活を改善できるかどうかにかかっているかもしれません。それを理解してようやくヤミ金がいかに恐ろしいというのがわかってもらえたのではないでしょうか。